忍者ブログ
クリスタルコンクエスト内ギルド:PUPPET♢GUARDIANSのクリコン日記
crystal conquest by square enix FFシリーズでお馴染みスクエニの開発した, なぜかブラウザゲーム(ブラゲ)のMMO戦争ゲーム、クリスタル◆コンクエスト。通称クリコンにおける、ル・シェイン国の一兵卒クリィムヒルトが所属するギルド「パペットガーディアンズ」通称パペガwの活動記録ブログ&オンラインゲームレビューです。wikiにものってない!?クリスタルコンクェストにまつわる無益(?)な情報も満載。
MENU
工事中・・・・
ーーーーーー案内板ーーーーー

・クリコンって?
・パペットガーディアンズ?
・隊員応募はこちら

ーーギルドメンバー個室ーーー

・クリィムヒルトの話を聞く
・トゥジュールの昔話を聞く
・クリスザードの漫画を読む
・ユッタの報告書を読む
・さくら大根の日記を読む

ーーーーードット屋ーーーーー

・ドット絵のオーダー
・ドット絵ギャラリー

MUSIC
クリ◆コンとは
クリコンとは、あのSQUARE ENIXが満を持して世に送り出した、三国対立型のMMO2D ”戦争”ブラウザゲーム!!

FFシリーズでおなじみの世界観を織り交ぜながら、クラス(ジョブ)を変え、スキル(アビリティ)をセットして戦います。

もちろん、おなじみの魔法や召喚獣も登場しますょ☆
FF好きなら一度はお試しあれ!

クリスタル◆コンクエストHP
LATEST COMMENTS
[05/18 ヴィラージュ]
[05/17 ユッタ]
[05/15 さくら大根]
[05/15 我孫子]
[05/13 クリスザード]
   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   
やぁ、また会ったね。

アイボリーだよ?覚えてる?

ついさっきチビ子とすれ違ったけど、もしかしてキミと会ったのかな?

・・・ふーん。

ま、あたしにゃどーでもいいことだけど。

さて、魔法図書館の司書を務めるあたしが、今日君に話してあげる尊いお話は、きっとキミも知りたかったであろう魔法図書について。

まぁ、一口に魔法図書と言ってもね。キミたちには馴染みがないかもしれないけど、あたしがいた時代には魔法なんてのは、空想の産物でしかなかったんだよね。

だから、魔法図書とはいうけど、あたしの時代風に言うなら、電子図書のことか、あとは3D図書のことだね。

アタシもバカじゃないからね、この世界では魔法が当たり前にあることにビックリしたけど。

ああ、いや、魔法に近いものはあったんだけどね?マジックデバイスって言って。まぁ今のスキルカードみたいなものかな。さすがにあそこまで携帯に便利な代物では無かったし、破壊兵器になりうる出力を得るには巨大な施設が必要だったしね。

それがこれだけコンパクトになるってんだから、あたしも最初は驚いたわさ。

話もどすよ。

魔法図書の中には、物体を自動生成するものがある。
ページを開くだけでそうなるわけじゃないんだけど、リンクっていう…まぁ魔法のかかった文字だと思ってくれたらいいわ。それに触れなきゃ問題ないんだけど。

そこに触れたり、クリックしたりすると、本から情報が飛んで、図書館の生体プリンタがリアルな物体を構成してしまうのね。

もちろん、動物から何から、量子レベルで配列が解明されているものはデータと素材があれば、いくらでも再構成できたわけ。

簡単なモノならプリンタを使わずに具現化もできたしね・・・って、

あー、何よぽかんとして。
えっと、要は錬金術みたいなもんね。

まぁ、要はそういったデバイスが、なんらかの形で電源を得てしまうことで、君たちはそれが魔法図書であると認識してきたわけよね。

しかし、誰が作ったんだか、図書館の一部の機能を復旧するために、サンダーポイントなんてものが図書館にはあったね。きっと旧時代の生き残りで、しかも魔法のことも知ってる人がつくったんだろうねぇ。

そんなのがあったせいで、たまにあそこに人が立ち入ってはサンダーポイントにサンダーをかけて、生体プリンタに化け物でも作らせたんだろうね。

自分でやったことだと自覚の無いまま、奇妙な物体やモンスター図鑑なんかから生成しちまうから、まぁ大変だっただろうね。

禁書ってのは、そういう手に負えないデバイスや図書のことね。

まぁ、そんなわけで、危険なヤツは大体うまくよけといたから、もう大丈夫でしょ。

まぁ、違う技術で似たような効果ってんだから、何が起きたか混乱するのも無理はないね。

と、いうわけであたしのありがたいお話はここまで。

キミにはまた会えそうなきがするよ。

それじゃあ、またね。

アイボリー
PR
   
あ、どうも。

あたしはアイボリーといいます。
なんだか急に人と話すことが増えて戸惑うわ…。

結構長い間人と話してなかったもんで。失礼あったら、悪いね。勘弁してね。

今日は帝都図書館の司書をしていたあたしが、キミに特別に話してあげる話は、図書館は戦場だって話。

あ、別に某アニメとか某映画とは一切関係ないから、そこんとこよろしくね。

さて。

まずは図書館ってところは、繁栄の象徴、知識の泉。

元々あたしがいた頃には、マシンってのがあってね。それがこの膨大な図書館から、欲しい本を見つけてくれるんだわ。便利でしょ?ナビって言うんだけど。
まぁ、それも今じゃ、機能はダウンしちゃってるから、そりゃあ本を探すのは至難の技よね。

昨日改めて入ってみたら、禁書庫付近で白骨とかわんさか見つかるし、さすがにこれは大変だわって思ったもの。

さて、それはともかく。

元々はナビがお客様の必要なモノを見つけて、それをお客様は静かに読んだり、勉強したり、とても平和なとこだったわけ。

ちなみに、ナビに新書やらの情報を登録してたのがあたしってわけ。毎月なん百冊っていう新書が入ってくるからね。それに全部目を通して、登録してたのよ。

あと主な業務は、暴走したナビの修理、あるいは破壊。

これが骨折れるんだ。

相手は機械だからね、力もあるし、一度壊れると融通が聞かない。
だから思いっきり

ぶん殴る。わけ。

まぁ、ストレス発散にはいいよ?
なんてね。

まぁ、そんなわけで、うるっさいガキを辞書の角でかましたり、ナビ相手に格闘する日々。

家に帰る暇がなくてほとんどここで暮らしていたようなものだけど。

毎日が戦場だったわけ。

まぁ、いまは王立魔法図書館?って名前に変わったんだっけ?

ナビがないから大変だわね。ある意味戦場。

モンスター図鑑なんて開いた日には下手すれば命取られるし。。

というわけで、さっき一台だけナビを治して、動力をクリスタル?なんか変な結晶にすることでまた稼働したから、少しは本を探すのは楽になったんじゃない?

キミも本と格闘したらわかるよ?

大体、帝都のガードくらいなら、あたしがよく蹴散らしたもんだわ。

図書館はすべての権利機関から独立してたからね。体力がないと、司書は務まらないのよ。

まぁ、キミもわりとがっしりしてるようだけど、どう?

あたしのファイナルヘヴン、食らってみる?

・・・冗談だよ。


なんにしても、チビ子が来てくれたおかげで、ちょっと楽しくなって来たわ。

ああ、チビ子?クリィムヒルトのことよ。
だってちんまいでしょ?あの子。

おっと、噂をすれば…。

それじゃああたしは行くから。
またな。
縁があったら図書館の話聞かせてあげるよ。

バーイ!

アイボリー


COUNTER
PROFILE
キャラクター:
クリィムヒルト
クリコン公式HP:
性別:
女性
職業:
ピクトマンサー
クリィムヒルトつぶやき
CALLENDER
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アリシア呟き
PLAYERS TWEET
MOBILES
Template by Kriemhild 忍者ブログ [PR]